子犬の病気とその予防
子犬の頃にかかりやすい病気は、寄生虫に感染することです。親犬の胎内にいるときに既に感染していたり、他の犬のフンを口にして寄生虫の卵を取り込んだりすることが多いようです。しつこい下痢や血便などが続くようでしたら早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

腸内寄生虫
腸内寄生虫には、回虫やコクシジウム原虫などがいます。下痢や貧血につながり、良く有りません。早めにお医者さんに連れて行きましょう。
予防は、便の処理を速やかに行い、いつも清潔を心がけて下さい。

外部寄生虫
外部寄生虫は、ノミやダニなどです。これらは退治しやすく、殺虫剤がペットショップで売られていますので、それを使いましょう。

子犬は、最初の1年で、人の17歳くらいに急成長します。この時期は、健康面で不安定なため、こまめに病院で診察してもらいましょう。

子犬の飼い方/子犬の飼育/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方
犬の病気と予防/子犬の飼い方・犬の飼い方
 
Web dog.paint-box.net