子犬・犬/しつけ仕方
子犬を家族の仲間や社会の一員として育てるには、「しつけ」と「愛情」が大切です。特に「しつけ」に関しては、子犬を家族や社会に適応させるために必要な教育といわれます。
「しつけ」をする時期は、生後2〜3ヶ月の子犬のときが最適です。集中して1週間程度じっくり「しつけ」をすると良い結果が得られるといいます。
最初に「しつけ」ることは、生活のなかで子犬がして良いこと、悪いことの区別をはっきり教えることです。
子犬がしてはいけないことをした場合は、「イケナイ」と言って止めさせ、言うことを聞いたときは、「ヨシヨシ」と褒めながらなでてあげることです。
また、「しつけ」を通して子犬は服従心を学び、家族と自分の位置関係を理解することになります。
犬は、群れで生活する習性があるため、飼い主は群れのリーダーになる必要があります。
飼い主が犬のいいなりになって甘やかしていると、犬は自分のほうが飼い主より上位にあり、自分が家族のなかのリーダーだと勘違いをし、勝手な行動をとる可能性がありますので気をつけましょう。

犬の飼い方・子犬の飼い方/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方
子犬・しつけ/犬/仔犬/イヌ
 
Web dog.paint-box.net