子犬のトイレ・しつけ
子犬のトイレは、いつも決まった場所で排泄するよう、「しつけ」は、子犬を飼い始めたときから行うようにしましょう。
子犬のおしっこがついた紙や布をトイレに入れておき、あらかじめ臭いをかがせます。子犬は、排泄したくなると、床をくんくんかいだり、中腰になったりしますので、すかさず抱き上げてトイレに連れて行きます。
子犬がトイレの外に出ようとしても、出さないで、ゆっくりと見守ってあげ、「おしっこ」とか「うんち」などと声をかけ、待ってあげます。上手に排泄出来たら、必ずほめてあげましょう。
子犬が間違ってトイレ以外の場所で失敗した場合、鼻を床にこすりつけて「ダメッ」としかる人がいますが、全く効果ありません。子犬が失敗した場所に臭いが残らないよう、きれいにふき取って下さい。
子犬は、寝起きの直後と、食事の後に排泄する事が多いので気をつけましょう。トイレの設置場所は、部屋の隅などが良いようです。

犬の飼い方・子犬の飼い方/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方
子犬 トイレ しつけ/犬 トイレ しつけ
 
Web dog.paint-box.net