6月の初旬から中旬にかけては梅雨の季節です。この時期は、長雨が続き、ジメジメしてカビや細菌が繁殖しやすくなり、子犬の食事が傷みやすくなりますので注意が必要です。
子犬が食べ残した食事はすぐ片付けるようにし、こぼした食べ物も丁寧にふき取るようにしましょう。飲み水も食べ物と同様で、腐り易くなりますので、常に新鮮なものを与えるよう、気をつけてあげます。
また、この時期は毛についた食べかすなどにカビが生えやすくなるため、特に念入りに行ってあげます。口の周りや糞で汚れやすい肛門の周囲をよく拭いてあげ、ブラシで丁寧にブラッシングします。
子犬は、湿度が高いのは苦手です。毛布などの敷物はこまめに洗濯をして、乾燥させたものに取り替えるようにし、晴れているときは、窓を開け放し、ベッドや毛布、シーツなどに乾燥した風が当たるようにしましょう。
梅雨の時期は、蚊が発生しやすく、蚤やダニの対策も大切です。梅雨の合間の晴れた日は、子犬を散歩に連れて出かけましょう。
1月の子犬の飼い方
6月の子犬の飼い方
8月の子犬の飼い方
7月の子犬の飼い方
9月の子犬の飼い方
2月の子犬の飼い方
3月の子犬の飼い方
4月の子犬の飼い方
5月の子犬の飼い方

10月の子犬の飼い方
11月の子犬の飼い方
12月の子犬の飼い方

子犬の飼い方/子犬の飼育/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方

6月(梅雨どき)の子犬の飼い方

6月(梅雨どき)の子犬の飼い方・育て方
 
Web dog.paint-box.net