子犬の飼い方/子犬の飼育/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方
8月は、年間で最も暑い盛りの時期になります。体全体で汗をかくことのできない子犬にとって、夏の暑さは人間以上につらいものです。この時期は、特に日射病や熱射病に注意します。
屋外で子犬を飼育している場合は、犬舎に直接日があたらないよう日陰に移動させたり、日よけに「よしず」を利用しましょう。
室内での管理は、エアコンが効きすぎて寒くならないよう、控えめにすることが大切です。
子犬とともに外に出かけるときは、車のなかに子犬を置きざりにして、車内の温度が上がり過ぎ、子犬の具合が悪くなることもありますので気をつけましょう。
春から夏は、蚊が多く発生する時期です。蚊が媒介する「犬フィラリア症」は、犬にとって最も恐ろしい病気の一つです。日本での感染率は非常に高く、蚊のいる地域で予防もせず放置していると、ほとんどの犬が感染するといわれています。
屋外では、犬用蚊取線香や防虫ネット、防虫ランプなどで子犬を守ってあげましょう。また、家の周りの排水口に防虫ネットをかけて、蚊が発生しないようにすることも大切です。
真夏の散歩は、アスファルトが焼けており、火傷をしたり、足裏にタールが付着する場合がありますので、散歩の後に足裏をチェックしましょう。散歩をする時間帯は、日中を避け、早朝や夕方以降の涼しい時間帯に行うようにすると良いようです。
また、日本の夏は、高温多湿なので、皮膚病が多く発生します。こまめにシャンプーをして清潔にしておくことが大切です。このとき、冷水で行うことはせず、体温よりややぬるめのお湯で洗ってあげるようにしましょう。
毎日のブラッシングも欠かさないようにすることが大切です。
1月の子犬の飼い方
6月の子犬の飼い方
8月の子犬の飼い方
7月の子犬の飼い方
9月の子犬の飼い方
2月の子犬の飼い方
3月の子犬の飼い方
4月の子犬の飼い方
5月の子犬の飼い方
10月の子犬の飼い方

11月の子犬の飼い方
12月の子犬の飼い方

8月(夏)の子犬の飼い方

8月(夏)の子犬の飼い方・育て方
 
Web dog.paint-box.net