子犬の耳掃除/子犬の耳の手入れ
子犬の耳の中が不衛生になっていると、ダニなどの温床になる場合があります。特に垂れ耳の犬や、毛が全身に多く生えている子犬は、耳の中の通気性が悪いため外耳炎になる場合があります。
常に、悪臭や炎症、耳垢などに異常がないかを確認するようにしましょう。また、外耳炎、内耳炎になった場合は、炎症が治ってから耳掃除を行なうようにします。
子犬の耳掃除の仕方は、内側の広い面が汚れている場合、脱脂綿で汚れをふき取ってから綿棒を使って細かい汚れを取り除きます。また、耳の溝にゴミなどがたまりやすいので、綿棒で拭き取ります。
【イヤークリーナーやイヤーローションの使い方】
1.子犬の耳の中にイヤークリーナーやローションを静かに数滴落とします。
2.外耳を後ろから前へ押して閉じた状態に保ち、30秒くらい優しく揉みます。
3.耳から手を離し、子犬が頭を振って液を振り出すのを待ってから、脱脂綿で拭き取ります。
★さらに詳しい子犬の手入れ方法
歯磨き
耳の掃除
目やにの手入れ
爪切り
ブラッシング
シャンプー
肉球の手入れ

子犬の飼い方/子犬の飼育/育て方・しつけ TOP

犬(イヌ、いぬ)・子犬の選び方 飼い方 育て方 しつけ方
子犬の飼い方・犬の飼い方、育て方、しつけ方、手入れの仕方
 
Web dog.paint-box.net